日本平和委員会速報ニュース

jpeace.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 22日

★緊急★辺野古への基地建設に抗議の声を

★緊急のお願い★
那覇防衛施設庁が沖縄・辺野古への新基地建設ねらいボーリング調査強行の構え
中止求める抗議の声を集中しよう!
(2005年4月21日 日本平和委員会)
                            
本日、辺野古の海上では、那覇防衛施設局が13隻の作業船を出したのに対し、平和丸をはじめとする抗議船は漁船の13隻を含む19隻で抗議を続けました。また、漁港前では約100人が座り込みを行いました。
こうした抗議の行動に防衛施設局は、新たな単管足場を作るための潜水作業を何とか行う程度で、掘削作業(ボーリング調査)や新しい足場を作るにはいたっていません。
しかし、予断は全く許されません。いま、全国から抗議の声を大集中する必要があります。日本平和委員会事務局は、明日22日は安保破棄実行委員会とともに米軍再編も含めた外務省への抗議、23日の茨城・東京での総会、24日の東京・代々木公園でのアースデーの取り組みや大和平和まつりでの訴えなど、あらゆる機会を生かして全国の仲間の怒りの声を集中するように工夫します。
奈良では、座り込み1周年の19日の行動で、沖縄の修学旅行から帰ってきたばかりの中学生とその父母が写真を見て「見てきた」「知っている」と署名に応じてくれています。
全国の皆さんの抗議の声の集中をお願いします。

●どこでも、誰でもできるのは、下記のところへ抗議を集中することです。ぜひ、基礎組織や会員さんにも伝えて、抗議を集中してください!
●もし、現地に駆けつける条件のある人がいたら、ぜひ駆けつけてください。
 
辺野古での座り込み行動は19日で1年を迎えました。いまだ1本の杭も打たせていません。地元、ヘリ基地反対協代表委員・名護平和委員会会長の大西照雄さんは、「陽動作戦尽き、いよいよ本丸攻撃に乗り出した。IDB(米州銀行)総会行事の邪魔者も去り、1年を節目にと予想の範囲、どういう戦術で来るかも読める。今度は生半可では止められない」と13日の日記に記しています。
9年に及ぶ名護市民の新基地建設反対のたたかいと1年に及ぶ辺野古の座り込み、そして宜野湾市長を先頭にした普天間基地撤去求めるたたかいは、明らかに米日政府の基地建設計画を追い詰めています。追い詰められた彼らは、なりふりかまわぬ強暴な行動をとる危険もあります。地元と連帯し、基地建設計画を葬り去り、普天間基地撤去を実現するため、がんばりましょう!
 

【抗議先】
(例文)美ら海壊し、市民と県民の意思を踏みにじるボーリング調査強行止めよ!
人殺しの新基地建設やめ、普天間基地は撤去せよ!

【政府機関】

●那覇防衛施設局(那覇防衛施設局長 西正典)
TEL:098-868-0174  FAX:098-866-3375

●小泉首相官邸HP「ご意見募集」
  http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html 
TEL:03-3581-0101  FAX:03-3581-3883

(例文)あなた方はお金のために、美しい海と住民生活を破壊する米軍基地建設のためのボーリング調査に手を貸すのですか? ボーリング調査強行はやめてください! 子どもたちに誇れる仕事をしてください!

●防衛庁(長官 大野功統)
TEL:03-5366-3111  FAX:03-5269-3270  info@jda.go.jp

●防衛施設庁(長官山中昭栄)
info@dfaa.jda.go.jp

【ボーリング調査を委託された業者】

●パシフィックコンサルタンツ株式会社
本社:042-372-0111(TEL)  那覇支社:098-868-8278(TEL)
  ☆ホームページの「お問い合わせ」からメールを送ることもできます。
  http://www.pacific.co.jp/contact.jsp

●応用地質
本社:電話:03-3234-0811 FAX:03-3263-6854
☆ホームページの「お問い合わせ」からメールを送ることもできます。
http://www.oyo.co.jp/info/index.html#

●サンコーコンサルタント
  本社・電話:03-3683-7111  沖縄事務所・電話:098-875-6181
[PR]

by j-peace | 2005-04-22 15:43 | 呼びかけ


<< 24日(日)は、東京・代々木公...      憲法九条ビデオ&DVDが完成します! >>